突然やって来る外壁リフォーム会社に、イラッとしたことありませんか?

サイトマップ

外壁塗料の種類は非常に大まかに分類すると4種類に分けることができます。

塗料の溶剤と水性のタイプ

完成 油性やシンナー系の溶剤タイプと、水性タイプに分かれています。油性(溶剤)というと耐久性が水性よりも 優れているのではないかと思う方も多いですが、用途や質感などによって使い分けされます。

種類によって、耐久年数もかわってくるのが実情でしょう。 例えば、金属やトタンなどでは油性でなければ定着しないというように、塗装する素材によって使い分けられます。

溶剤系塗料は臭いが気になるのですが、艶があり耐久性があります。しかし、最近では溶剤タイプのものに近い 水性タイプもあります。コスト的には、水溶性の方が安価です。建物の立地状況や仕上がり具合・価格等によって 選ばれることをお勧めします。これは外壁塗装業者に任せるといいでしょう。

アクリル塗料/期待耐久年数:5年

外部足場 いちばん安価であり、新築住宅などでは指定がなければ、ほとんどがアクリル系の塗料が使用されています。 ほこりなどを寄せ付けず美しい外観を維持してくれます。

しかしデメリットは、耐久性が弱く クラックが生じやすいことでしょう。他の塗料と比べると安価なので、色だけを変えたい場合はいいかもしれません。

ウレタン塗料/期待耐久年数:8~10年

塗り替え アクリル系塗料の欠点を補うためにつくられた塗料で、アクリル系より塗膜が柔らかく仕上がり、 下地の動きによく追随してくれる塗料です

コストと性能のバランスから、戸建住宅の塗料として いちばん勧められる塗料と言えるかもしれません。価格もそれほど高くなく、耐久性・耐候性も十分でしょう。 つい最近までは、外壁塗装の主流になっていました。

シリコン塗料/期待耐久年数:10~15年

塗り替え 価格性能で、じつはウレタン系とさほど変わらないことが多いですが、一般的にはウレタン系より汚れ にくいと言えるでしょう。

高性能で耐久性があることから、 現在主流となっている塗料です。親水性が高く、汚れが付きにくいのも特徴です。

フッ素塗料/期待耐久年数:15~20年

塗装 フッソ系塗料は、外壁より屋根材の塗料として採用されることが多い塗料です。住宅の外装全体の耐久性を考えて 塗装にこだわる場合でも、屋根をフッソ塗装とし外壁部はシリコン系で仕上げるのも、一つの方法です。

予算に余裕があるなら、外壁にフッソ系塗料を使ったほうがより良い選択でしょう。

塗膜の耐久性はトップクラスとなります。 実用性が高いのですが、高コストであることが問題でしょう。

4つの塗料は、価格や耐久性に違いがあるので見積りの額も異なってきます。価格に比例するように耐久年数も変わってきます。 そのため、多数の業者や種類別の見積もりをもらい比較検討することが望まれます。